大原としひろの県政改革:大雨や津波への対策を見直し災害に強いまちづくり

   

大原としひろの県政改革:大雨や津波への対策を見直し災害に強いまちづくり

災害列島という言葉があるように、日本は昔から地震や津波による被害を数多く受けてきました。特に近年は気候変動の影響からか、集中豪雨による被害が目立つようになってきています。

今後も自然災害を完全に避けることは無理としても、しっかりした対策をとることによって被害を最小限に抑えることは可能です。そのためには河川や海、主要な道路を所管する広域行政(都道府県)の役割は非常に大きいと言えます。

以前にも当ブログに書きましたが、大原としひろは東日本大震災発生以来、東北の被災地支援をずっと続けてきました。長く続けることによってその活動は、被災地を支援するという一方通行の関係ではなく、支援する側にも震災や津波対策、被災地支援について多くのことを教えてくれる有益なものとなりました。

大震災から丸4年。続く避難生活。支援の継続と今後の備えが必要です

大原はいま、もともと持っていた道路の専門家としての知見と被災地支援で学んだ知識を、船橋市と千葉県の防災対策に活かしていきたいと考えています。そのために県議会議員として(河川や海、主要道路を所管する)広域行政に参加する必要があるのです。

船橋をいままで以上に災害に強い地域へと進化させる大原としひろの県政改革、ぜひ応援してください。

大原としひろ後援会

 - ブログ , , , ,

■応援のお願い
大原としひろ後援会では、大原としひろを応援してくださる方を募集しております。
政策資料やイベントのご案内などをお送りしてもよろしい方は、
以下のページよりお知らせください。
http://www.ohara-toshihiro.com/admission/

  関連記事

大原としひろの県政改革:コスト意識や経営センスを活かし、自治体収入を増やす財政改革
大原としひろの県政改革:コスト意識や経営センスを活かし、自治体収入を増やす財政改革

地方自治体の財政力を示す指標として、財政力指数があります。 この財政力指数が「1 …

大原としひろの県政改革:船橋の宝である子供たちを、地域全体で守り育てる教育
大原としひろの県政改革:船橋の宝である子供たちを、地域全体で守り育てる教育

少子高齢化……。 高齢者は数が増えることが、子供は数が減ることが社会問題化してい …

公益社団法人 船橋法人会 第4回理事会の様子
公益社団法人 船橋法人会・第4回理事会

総務委員長を務める「公益社団法人 船橋法人会・第4回理事会」に参加しました。 大 …

西船橋駅前でご挨拶する大原としひろ
気持ちのいい晴天、今朝は西船橋駅でご挨拶させて頂きました

昨日冷たい雨を降らせた低気圧が通り過ぎて、今日の朝は気持ちのいい晴天になりました …

船橋法典駅でご挨拶する大原としひろ
今週は予定通り、JR武蔵野線・船橋法典駅からスタートです

すっきりしない天候が続きますが、これも春が近づいている証しと思えばそれほど気にな …

そろそろ船橋の桜の開花日が気になる季節です
そろそろ船橋の桜の開花日が気になる季節です

朝晩の冷え込みもやわらかくなり、 だんだん暖かさを感じるようになりました。 いつ …

ダイヤモンド富士
大原の考える千葉県議会議員選挙の争点:ウォーターフロント整備

画像出典:ふなばしプラス|三番瀬|関東富士見百景「三番瀬」| ダイヤモンド富士の …

大原としひろの実行力:ミャンマーの子どもたちのためにつくった学校について
大原としひろの実行力:ミャンマーの子どもたちのためにつくった学校について

「県政を改革する」と言葉にすることは簡単です。 しかし言葉にしたことをきちんと実 …

JR船橋駅北口で皆様にご挨拶する大原としひろ
JR船橋駅でご挨拶させていただきました

本日3月6日、大原としひろは、 6時からJR船橋駅北口でご挨拶させていただきまし …

被災した石巻市の小学校
大震災から丸4年。続く避難生活。支援の継続と今後の備えが必要です。

「もう」なのか「やっと」なのか「まだ」なのか……。 ひとそれぞれいろいろな感慨が …